勃起障害を解消するために

勃起障害を解消するためにはまず、障害事態について知る必要があります。
以下の4つの分類に分けられます。
「機能性勃起障害」これは心因性勃起障害とも呼ばれ、解剖学的に勃起するための身体的機能に異常はないものの、過去の体験や緊張など何らかの心理的な要因で十分な勃起ができない状態をいいます。
「器質性勃起障害」これは解剖学的に障害があり、勃起できない状態をさします。
具体的いうと勃起にかかわる神経群、筋肉組織、血管、もしくは陰茎の形状に異常があるなどの原因で勃起しないケースです。
陰茎が折れたり(過度の力が加わり組織の断裂が起こる)、脊髄損傷などの後遺症で勃起不全に陥るケースもあります。
「混合性勃起障害」これは先に説明した心理的、身体的な勃起障害が混在して起こるケースです。
「薬剤性勃起障害」循環器系の薬剤や抗鬱剤、向精神薬やテストステロンの分泌を抑制する薬剤など何らかの薬剤によって発生するケースです。
また勃起障害に至る日常生活における危険因子についていくつかありますのでそちらも紹介します。
たばこや、アルコールは長期的に見ても勃起しょうがが起こる危険性をはらんでおり、高血圧、動脈硬化、糖尿病、うつ病、腎機能障害などが原因になるとも言われています。
おおむね生活習慣病に気を付けることが必要というところですね。
心因性のものは人それそれですが、基本的には精神的なストレスがまず挙げられるでしょうか。
また間違った性教育によって勃起がうまくできない人もいますし、仕事のストレス、過去の性行為で失敗して自信を無くしてしまった、とりわけ、新婚初夜のセックスで失敗してしまったためになる、新婚勃起障害などもあるようです。
それが原因で離婚に至ってい舞うケースも珍しくないというのは笑えない話ですが、新婚性勃起障害患者のほとんどが見合い結婚であるというのもなるほどね、と思わない気持ちがないわけではありませんね。
仮に勃起障害になった場合、自分がどのタイプであるかどうかを診断しなければいけません。
医者に相談した場合、問診のほかにIIEF5と呼ばれる勃起に関するテスト方式で判断されます。
また寝ている間に勃起の有無を調べることで、心理的なものか身体的なものか調べることができます。
また陰茎に造影剤(バリウム)を入れてX線で撮影する場合やアイソトープによって血流量を図って診断する場合、神経系の調査などの調査もパターンとしてはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*